NOW LOADING

いま、国内企業が抱える課題は
海外⼈材の⼒で解決できます。

競争過多の国内採用市場の中で、大手企業のネームバリューや資本力と競争することに、
もはや意味はありません。
いま、優れた人材は世界から採用できるのです。それは単なる人数集めに留まらず
本当に課題解決や思考力を身に着けた、世界で戦える人材です。
貴社が彼らを活用することで組織が勇気づけられ、活性化され、新たな文化を創っていく。
その実現に向けての知見と技術のすべてを、リリカパーソナルキャリアが提供してまいります。

リリカパーソナルキャリアとは

リリカパーソナルキャリアとは

ワンストップで海外人材採用の
あらゆる知見をご提供します。

-求職者- 日本独自の就職活動 求められるスキル・知識・経験 日本の商慣習と文化的背景 / -企業- 具体的な採用戦略 採用〜定着まで至る雇用フロー 組織で活用する際の注意点

海外人材雇用において日本企業・組織に必要なノウハウ・知見を提供。
貴社で海外人材を最大限に活躍できるよう具体的な支援とアドバイスをご提供します。

長く海外人材採用と就労ビザを通じた、応募者・企業様双方の支援を積み重ねてきたからこそわかる「海外人材採用におけるノウハウ・ドゥハウ」「採るべき人を逃さない具体的な方法」「海外人材だからこそ人が相互に影響し合い活性化していくステップ」があります。
これらの知見や具体的な対策を惜しみなく提供。真に優秀な求められる人材を見出し、採用を成功させることが、リリカパーソナルキャリアの提供価値です。多様な人材が活躍する組織でこそ描ける、貴社の未来像・実現できるビジョンが必ずあります。

なぜ従来の海外⼈材採⽤モデルは
うまくいかないのか

海外人材の就業観は、あくまで「プロジェクト」「タスク」重視。
にもかかわらず、日本人採用の際に多くの企業様・採用担当者様は日本の「所属重視」の就業観を求めてしまいがちです。
この最初の「文化的背景」の違いからミスコミュニケーションが発生することで「いい人材に巡り合えなかった」「指示を受け止めてくれているかわかりづらい」「仕事ができない」等の評価につながる事例も散見されます。
リリカパーソナルキャリアは、これらミスマッチの背景や根拠を踏まえたご提案をさせていただきます。

日本人の「就業観」【所属重視】 海外人材の「就業観」【タスク重視】

お知らせ

人材採用6つの強み

人材採用6つの強み

リリカ海外人材採用の6Strengths
【0次面接モデル】

失敗しない海外人材確保に向け6つのステップで強みを発揮。
採用計画立案から定着に至るまで、企業様・採用担当者様を支援いたします。

1 採用目標・採用手法の
設定/ヒアリング

そもそも海外人材を活かせるのかを徹底してヒアリングし、海外人材採用の法的・文化的側面に基づいた採用計画や組織における将来設計をご提案

2 海外人材のルート獲得
海外法人への連携

海外人材について「どこに問い合わせるべきかわからない」等、国際的なやりとりにまつわる不安や心配を解消

3
0次面接
で法的要件を事前チェック

適法に働ける範囲を踏まえたアドバイスや支援により、雇える人と与えられる仕事の可能性の拡大

0次⾯接とは?

  • 『採るべき人にだけ、会えばいい。』それが0次面接。
  • 雇用における法的トラブルを予期できる人材をスクリーニングして除外。
  • 仕事に就ける候補者と、自社の業務範囲の可能性を、共に拡大することに大きく寄与。

海外人材採用で欠かせないのが、一般の採用にはない独特の法的要件への対応。優秀な人材でも「貴社での業務に就ける人材」にだけ会えるよう選別する手段は、これまでありませんでした。リリカの「0次面接」では法的なリスクを含めたスクリーニングを実施。適法に働ける人材をあらかじめ見定めることで、雇用後のトラブルを事前に回避することが可能です。結果、採用候補者の範囲や可能性を拡大することが可能になるのです。

4 応募者面接の
フォロー

面接時の注意点や見極めるべきポイントを共有し、面接実施時とその後の検討会などへ同席し選考をフォロー、フィードバックまで実施
 

5 採用確定~入社
における手続

煩雑なビザ申請等における手続きや準備(自社内製化にも対応)、手続き進捗のフォローにより海外人材採用で発生しがちな入社遅延リスクを削減

6 採用後の定着
 

海外人材を活用するために必要な知見の継続的な提供により、入社後の不安軽減やミスマッチの解消に寄与(オプションで面談等のアフターフォローも実施)

1 採用目標・
採用手法の
設定/ヒアリング

そもそも海外人材を活かせるのかを徹底してヒアリングし、海外人材採用の法的・文化的側面に基づいた採用計画や組織における将来設計をご提案

2 海外人材の
ルート獲得
海外法人への連携

海外人材について「どこに問い合わせるべきかわからない」等、国際的なやりとりにまつわる不安や心配を解消

3
0次面接
で法的要件を事前チェック

適法に働ける範囲を踏まえたアドバイスや支援により、雇える人と与えられる仕事の可能性の拡大

0次⾯接とは?

  • 『採るべき人にだけ、会えばいい。』それが0次面接。
  • 雇用における法的トラブルを予期できる人材をスクリーニングして除外。
  • 仕事に就ける候補者と、自社の業務範囲の可能性を、共に拡大することに大きく寄与。

海外人材採用で欠かせないのが、一般の採用にはない独特の法的要件への対応。優秀な人材でも「貴社での業務に就ける人材」にだけ会えるよう選別する手段は、これまでありませんでした。リリカの「0次面接」では法的なリスクを含めたスクリーニングを実施。適法に働ける人材をあらかじめ見定めることで、雇用後のトラブルを事前に回避することが可能です。結果、採用候補者の範囲や可能性を拡大することが可能になるのです。

4 応募者面接のフォロー

面接時の注意点や見極めるべきポイントを共有し、面接実施時とその後の検討会などへ同席し選考をフォロー、フィードバックまで実施

5 採用確定~入社における手続

煩雑なビザ申請等における手続きや準備(自社内製化にも対応)、手続き進捗のフォローにより海外人材採用で発生しがちな入社遅延リスクを削減

6 採用後の定着

海外人材を活用するために必要な知見の継続的な提供により、入社後の不安軽減やミスマッチの解消に寄与(オプションで面談等のアフターフォローも実施)

他サービスとの比較

他サービスとの比較

海外人材採用のあらゆるステップに精通。

海外人材採用を決断すること、そして採用して定着させ、本当に満足度の高い雇用を実現することは、決して簡単なことではありません。しかし、これらのステップ全てにおいて二人三脚で適切なアドバイスや支援が受けられるのはリリカパーソナルキャリアならではの強みです。そして、それがわたしたちの使命でもあります。

LILICA
利用時
LILICA
非利用時
採用着手前 企業・機関等との連携 安心して始められる
海外人材採用のフローをご提供
0次面接 ×
着手時 応募者への面接指導・事前教育 応募者提案に注力することなく
企業側に十分なフォローをご提供
企業への面接フォロー同席等
確定前・
入社後
ビザ手続・内製化を専門家として支援 × 採用前からフォローしているからこそ
できる企業様の定着支援
キャリア面談・コンサルティング

採用着手前

LILICA
利用時
LILICA
非利用時
企業・機関等との連携
0次面接 ×
安心して始められる海外人材採用のフローをご提供

着手時

LILICA
利用時
LILICA
非利用時
応募者への面接指導・
事前教育
企業への面接フォロー同席
応募者提案に注力することなく企業側に十分なフォローをご提供

確定前・入社後

LILICA
利用時
LILICA
非利用時
ビザ手続・内製化を
専門家として支援
キャリア面談・
コンサルティング
採用前からフォローしているからこそできる企業様の定着支援

海外人材採用におけるステップでは、様々な懸念事項や問題が発生しがちです。その1つ1つのプロセスにおいて求められがちな支援やアドバイスを、上記のように全て揃えているのがリリカパーソナルキャリアです。あらゆる側面で発生する「海外人材採用の課題」を、わたしたちが具体的に対策を提示し、企業様・採用担当者様のお役に立ちます。

利用者の声

利用者の声

I&R総合会計事務所 代表公認会計士 寺尾 潔様

優秀な人材に、夢が膨らみました。

I&R総合会計事務所 代表公認会計士
寺尾 潔様

海外人材の価値をどう捉えるべきかも不明瞭な中でしたが、日本人以上にアクティブで、日商簿記の資格を所有し、英語も堪能という素晴らしい人材が採用できました。
もちろん技術的な面では課題もありますが、日本人以上に気遣いや挨拶がしっかりできるなど、既に社内でも仲間の一人として受け入れられています。
労働人口そのものが減少し、さらに若い人材においては大企業への就労意向が特に増え続ける日本の採用市場の中で、ここまで優秀な人材が海外人材の中にいたということが大きな発見であり、驚きでした。
そして、0次面接モデルを通じて、きちんとフィルターを通した上で「会うべき人材に会える」という仕組みに、コストやリスク削減に大きく寄与してくれたことに感謝しています。
将来的には未経験者の枠では今後も海外人材採用を続けていきたいですし、いずれベトナムの拠点を設けることも考えるべきではとさえ思い描いています。

よくある質問

よくある質問

自社で海外人材が雇えるか、そもそも自社に合うのかがわかりません。開く

その段階からでもちろん構いません。丁寧にご相談に応じます。

海外人材は、海外から渡航するのでしょうか?開く

その場合もありますし、日本で既に生活しているケースもございます。

海外人材の日本語は業務に支障のないレベルでしょうか?開く

全く問題のないレベルです。ただし、日本語の習得はあくまで「第二言語」であることへの理解は、日々のコミュニケーションにおいて重要です。

海外人材は転職が多いと聞きました。本当でしょうか?開く

一概にそうとは言えません。実際の例に、外国人留学生の入社3年後の離職率は日本人新卒社員より低い、というデータもあります。

採用直後から即戦力になりうるのでしょうか?開く

即戦力になりえます。転職を希望されている方の中でも、自社の募集職種の経験がある方は、自信をもって選考に進めていただけます。

人事採用における部署を設けていなくても大丈夫でしょうか?開く

大丈夫です。経営者自ら採用に携わるような少数精鋭の企業における支援実績も数多くございます。

現在選考中の人材についてフォローしてもらうことは可能ですか?開く

可能です。着手段階や、海外人材雇用のご経験の多少に応じたサービスのカスタマイズで対応しております。是非ご相談ください。

自社の業界で外国人雇用は出来ないと聞いたことがあります。本当でしょうか?開く

日本に滞在するためのビザの種類の事情等により、外国人が従事できない事業形態はございます。しかし、お問い合わせの段階でその認識が誤っているケースが多数ございます。まずはご相談ください。

母国語以外に複数の語学レベルを持った応募者も期待できるでしょうか。開く

ご期待ください。3か国語以上対応できる方は多数おり、十分なメリットが見いだせると思います。

特定技能の在留資格の場合でも対応できますか?開く

対応できます。候補者の在留資格に応じ、サポート内容を明確にしたサービス提供が可能であることが強みです。

外国人の候補者選抜を行う業務を任されました。何をポイントに見極めればよいのでしょうか。開く

ポイントは、普段の選考よりも履歴書等の応募書類で測れる情報は少ないと意識することです。例えば、日本語能力を示す等級に一定の基準を設け選抜を行うことは、優秀な人材の見極めにおいてお勧めしません。「見極めようにも、お聞きして良いこと・駄目なことが分からない、、、」などの小さな疑問に至るまで、貴社の重要な採用業務をフルサポートします。

お問い合わせ

お問い合わせ

各種お問い合わせ、ご質問は下記のフォームよりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせ内容により、お時間を頂戴する場合や回答を差し控えさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。

会社名/組織名Company name
必須
役職Position
必須
お名前Name
必須
メールアドレスE-mail address
必須
電話番号Phone number
必須
件名Subject
必須
お問い合わせ内容Message
必須

個人情報の取り扱いについて

本サイト上でご提供いただいた個人情報のお取扱いについてリリカ東京国際行政書士事務所( (以下、「弊所」といいます)は、お客様からご提供いただく個人情報の保護のため個人情報保護方針を定めています。ご提供いただいた個人情報は、この個人情報保護方針および下記の規定に基づき取扱わせていただきます。

  1. 弊所がお客様から取得する個人情報およびお問い合わせの内容の利用目的は、次のとおりです。

    • お問い合わせへの対応
    • 弊所のサービス、イベントのご案内
  2. 弊所は、お客様から取得した個人情報の漏洩の防止、その他安全管理のために必要かつ適切な措置を講じるものとし、法令に基づく例外事項に該当する場合を除き、お客様の同意なく上記利用目的以外での利用および第三者への提供は行いません。
  3. 弊所は、当社事業活動の円滑な遂行のため、個人情報の取扱いを第三者に委託する場合があります。
  4. 取得した個人情報は、利用目的を達成した後は速やかに削除いたします。
  5. 個人情報に関する問い合わせ先
    リリカ東京国際行政書士事務所(03-6823-5220

2021年 7月20日
リリカ東京国際行政書士事務所
行政書士 加藤 舞